任意整理

任意整理
今後の金利がなくなる!

「任意整理」とは、取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15〜20%)に金利を引き下げて再計算すること(引き直し計算)により借金を減額した上で、原則として金利をカットし、元本のみを3年程度の分割で返済する内容の和解を貸金業者と結び、以後この和解内容に従って返済を続けることで、借金を整理する手続です。

▲PAGE TOP

任意整理を利用できる、あるいは望ましい方

今後の金利がなくなり、借金の総額と毎月の返済額を減額でき、一部の借金だけ選んで整理することが可能です。場合によっては、過払い金が発生し、返済額と相殺後残った金額が手元に戻ることもあります。

  • 減額後の借金を3年程度で返済できる方。
  • 継続して収入を得る見込みがある方。
  • 一部の債権者を除外して整理したい方。
  • 家族に知られずに借金を整理したい方。

財産の処分や特定の職業につけなくなること(資格制限)が一切ない点もメリットとして挙げられます。また、任意整理は貸金業者と当事務所が直接交渉するものであり、自己破産や民事再生のように裁判所を通す手続ではないため、裁判所に提出する書類作成や、裁判所への出頭の必要もなく、官報に氏名が記載されることもありません。

さらに、任意整理は自己破産や民事再生とは異なり、例えば自動車のローンや保証人がついている借金は任意整理せずにこれまで通り支払い続け、その他の借金のみを任意整理するというように柔軟に債務整理をすることが可能な点もメリットとして挙げられます。

▲PAGE TOP

古川司法書士事務所の任意整理における料金目安

下記料金体系はあくまでも目安となります。ご依頼いただく内容、難易度により異なりますのでご了承ください。

手続き 報酬(登録免許税等実費は別途) 備考
着手金 5,000円〜(1件あたり) -
基本報酬 20,000円〜(1件あたり) -
過払い金返還請求 返還額の20% -

▲PAGE TOP

古川芳久司法書士事務所にお気軽にご相談ください

借金問題は、身近な人にはなかなか相談しにくいものです。しかも、解決には法律知識も必要となることから、債権者の言うとおりにせざるを得ません。長期 間、借金問題を1人で抱えられていると、精神的に非常に 辛いものがあります。人生をやり直すためにも、専門家に依頼することで解決の一歩を踏み出しましょう。具体的金額を知りたい場合はメール、電話でお気軽にご相談ください。

メールによる相談予約はこちら
お電話によるお問い合わせ

▲PAGE TOP