成年後見制度 法定後見制度

成年後見制度 法定後見制度
人生なにがあるかわかりません

法定後見制度とは、本人が認知症や知的障がい、精神障がいにより判断能力が不十分となった時に、親族等が家庭裁判所に成年後見人等(保佐人、補助人)の選任を申立て、家庭裁判所が成年後見人等を選任する制度です。そして、法定後見制度には、判断能力の減退の程度に応じて、「後見」「保佐」「補助」の3つの類型があり、本人を支援する内容は、法律によって定められています。

▲PAGE TOP

先の不安や心配がある方はご相談ください
  • 認知症の親を悪徳商法から守りたい。
  • 知的障害のある子どもの将来が心配。
  • 判断能力が不十分な家族が所有している不動産を売却して入院費等にあてたい。
  • 寝たきりの親の世話をしているが、他の兄弟や親族から財産管理の面で疑われている。

▲PAGE TOP

古川司法書士事務所の法定後見申立における料金目安

下記料金体系はあくまでも目安となります。ご依頼いただく内容、難易度により異なりますのでご了承ください。

手続き 報酬(登録免許税等実費は別途) 備考
法定後見申立 90,000円〜 -

▲PAGE TOP

古川芳久司法書士事務所にお気軽にご相談ください

司法書士古川芳久は(社)成年後見センタ―・リーガルサポートの会員です。(社)成年後見センタ―・リーガルサポートは、司法書士が成年後見制度の普及とより良い制度への進歩にために立ち上げ活動する機関です。法定後見申し立てに関するご相談や、任意後見契約に関するご相談、費用などについてはメール、お電話でお気軽にお問い合わせください。

メールによる相談予約はこちら
お電話によるお問い合わせ

▲PAGE TOP